リフォームの種類

人々が、住居のリフォームを考える際には、様々な問題や変化に直面している事がほとんどです。

住居のリフォームには、様々な解決方法があり、それらは、リフォームの目的によって全て異なってくるはずです。

ほとんどの場合、リフォームは住居の快適化や安全化を求めて行われます。

多くの皆さんが、リフォームを決意する要因について調べてみたいと思います。

【リフォームの種類】

・バリアフリー化のリフォーム

・内装リフォーム(浴室、台所、洗面所、トイレ、リビング、など室内のリフォーム全般)

・外壁リフォーム(外壁塗装など)

・屋根リフォーム

・防犯リフォーム

・庭園リフォーム

・健具リフォーム

・増築の為のリフォーム

・間取り変更の為のリフォーム

・耐震リフォーム

上記以外にも住居関連のリフォームは、皆さんの住居のお悩みの数だけ存在するはずです。

キッチンのリフォーム

キッチンのリフォームではセミオープンから独立型にするかというスタイルを決めるところから始めることが多いです。

リビングやダイニングにいる人とのコミュニケーションに配慮することもポイントです。いろんな不満点を整理して、自分のスタイルに合うものを探すと良いでしょう。

オープンキッチンにするとシンクの中が見えてしまうのが嫌というのが問題ならば、カウンターを高くしたり格子を造作したりという方法もあります。

 

また、キッチンは収納をどう確保するかというのも、大きなテーマです。

カウンターの下など、デッドスペースを上手に活用すると良いでしょう。

キッチンに必要な設備としては、ガスコンロ、レンジフード、換気扇、給湯リモコン、インターホン、火災警報器があるかと思います。あると便利なのは、専用コンセント、足元暖房、フットスイッチ、バーベキューグリルなどがあるそうです。

各キッチンの形式のメリット・デメリットを確認すること、家族の形態に合わせるというのも大切です。

部屋の配置を変えるリフォーム

部屋自体の配置を大きく変える場合、しなければならない検討が増えます。特にキッチンなど水回りの位置を変えるとなると、給水・配水管の経路の再検討が必要となるそうです。

ほかにも、照明関係も見直さなければなりません。全体照明と部分照明をどこに置くか考えるのです。

広さは3〜5畳のあ倍は、インバーター蛍光灯で、40W、5〜7畳の場合は80Wが目安だそうです。

特にキッチンスペースというのは、電気を多く消費するということで、現在の回路契約を確認する必要があります。

また、臭いや煙の発生しやすい場所なので空気の循環にも工夫が必要です。採光と通風、換気を兼ね備えた小窓があると快適でしょう。

勝手口を設けると、通行面だけでなく通風も可能ということで、臭い対策にもなります。

このように、リフォームには、一般の方にはなかなか気づきにくいポイントがたくさんあるからこそ、プロへの相談が必要不可欠となります。

ひとくちにプロと言ってもたくさんの業者が存在しています。

例えば富士宮市で外壁塗装をするならば「富士宮市の外壁塗装を専門にする地元の業者にお願いする」というのもよいでしょう。

他にも「大手のほうが安心だから大手にお願いしたい」「実際にリフォームした知り合いが良いと言っていた業者にお願いしたい」などの選び方もあります。後悔がないよう、じっくりと選びましょう。