トランクルームの活用

賃貸住宅は、家賃や立地によって部屋の大きさはバラバラで、場合によっては物を置ききれないという人もいるかもしれません。例えば読書などの趣味がある人の場合は、どんどん本が部屋に増えていってしまい、生活スペースが圧迫されてしまったということもあるでしょう。また、現在は何とかなっていたとしても、引っ越し先に今の荷物が入らないということも考えられます。もし物の置き場だけが欲しいと思ったときには、レンタル収納スペースや、トランクルームの使用がオススメです。どちらも物を預けるためのサービスですが、認定を受けているかどうかに違いがあります。トランクルームは、国土交通省から認定を受けている倉庫業者が運営を行っています。言い方を変えると、優良な業者であると言えるのです。レンタル収納スペースは、不動産会社などが運営している貸し倉庫と言えます。契約内容は不動産賃貸借契約となりますので、場所を借りるために契約をすると言えるでしょう。もちろん認定を受けていないからと、問題あるスペースというわけではありません。しかし、国土交通省に認定を受けていないにも関わらずトランクルームと名乗っている場合には、注意をした方が良いでしょう。トランクルームは基本的に荷物を預けるサービスで、レンタル収納スペースは場所を借りるサービスです。大切な荷物を預ける場合には、適切な保管を行ってくれるトランクルームの方が安全と言えるでしょう。トランクルームは、屋内、屋外の2種類があります。屋内型のものはビルや倉庫などのフロアを仕切って、空調設備を整えた上で保管します。屋外のものは、外に置くのではなく「屋外に設置したコンテナに預ける」という形になるので、値段も安い傾向にあるようです。