バリアフリー化?

家の見た目を変えるなら外壁塗装をお願いするのが手っ取り早いとは思いますが、老後や、これからのライフステージの変化を考えると、住宅のバリアフリー化の為に、リフォームを行う事は、メリットであるのか、デメリットであるのか、なかなか難しい問題です。

年々、日常生活に介護の手を必要としている方が増え続ける日本の姿を間近にしていますと、バリアフリー化のされた住宅の必然性はヒシヒシと感じております。子どものいない夫婦の場合は特に、今後、家をどう維持していくべきなのかを考えなければなりません。

介護の相談役のケアマネ―ジャーがいらっしゃるなら、一度、今後の介護状況の推察も含め、相談をもちかけてみるのもよいかもしれません。加齢とともに、人は老いるものですが、どのような介護を必要とするのかには、個人差があるからです。

なお、自宅での療養を希望する高齢者がいる場合には、家族の負担を減らす為、住宅のバリアフリー化への需要はより高まっていくことでしょう。

考えるべきことの1例をまとめてみました。

・住宅のバリアフリー化の必要性

・今後の両親の介護状況の推移予想

・自宅介護or介護施設への入居(それぞれの費用負担額の予想)

・住宅リフォームする場合のバリアフリー化の優先順位

・バリアフリー化のリフォームに関する補助金制度の利用について

外壁塗装からリフォームの解決の糸口を考える情報サイトTOPへ