バリアフリーリフォームについて

バリアフリーというのは、今すぐ必要でなくても、準備をしておくといいそうです。歳を取るとちょっとした階段でもつまずきやすくなるそうです。階段で滑ったりして家の中での事故が増えているそうです。年齢にふさわしいリフォームをすれば、将来も安心して暮らせるということのようです。家の中をバリアフリーにする基本として、床の段差をなくすことだそうです。

和室というのは通常、一段高くなるそうです。この和室の床を落とすことで洋室と高さを揃えたりできるそうです。マンションだと薄い畳で段差を抑えることができるそうです。また和室そのものを無くすということも考えるといいそうです。ベッドの方が寝起きしやすいということもあるそうです。廊下や階段に手すりを設けるそうです。まだ手すりは必要ないという場合には、いつでも取り付けられるように下地の補強だけはしたほうがいいそうです。浴室、トイレにも手すりは必要だそうです。手すりの高さは使う人の体型にもよるかと思いますが、設計する人に配慮してもらったらいいそうです。

浴室をまたぎやすい高さに変えることも大切だそうです。設備メーカーからバリアフリー対応のシステムバスも出ているそうなので、一度見てみるのもいいかもしれないそうです。また、浴室暖房乾燥機を設けるというのもいいそうです。冬の寒さ対策になるそうです。ヒートショック予防には脱衣室にもパネルヒーターなどをおけるスペースがあったらいいそうです。将来、介護が必要となったときのために、浴室やトイレはできるだけスペースがあったほうがいいそうです。浴室の出入り口は車椅子に対応できるように三枚引き戸にするのもよいそうです。寝室はトイレの近くがいいそうです。

外壁塗装からリフォームの解決の糸口を考える情報サイトTOPへ