円滑なリフォームのために

リフォームというのは、たくさんの職種の人が関わってくるそうです。リフォームだけではなく建築の世界というのは、元請け会社から各種の専門工事会社やフリーの職人に仕事を発注するのが一般的だそうです。それを元請け会社が現場管理を行いながら工事を進めていくそうです。この二重構造を理解しておかないといけないそうです。

リフォームの現場で顔を合わせるのは、専門職の職人さんが多いそうです。大規模リフォームとなると、大工、塗装、設備、内装とさまざまな職種の人が関わってくるそうです。現場には入れ替わり立ち替わりで出入りするかと思います。日数もまちまちでほんの数日の人もいるそうです。工事の内容や変更依頼などは、必ず元請け会社の現場監督に伝えないといけないそうです。現場の職人さんは、工事の変更について話したり、判断したりという権限はないそうです。工事の内容の変更や追加は、あくまでも元請け会社でなければ話を聞くということはできないそうです。気になることがあるならば、現場監督あるいは営業や設計を担当してくれた人に直接確認しなければならないそうです。早急に連絡したというときは、現場監督などの元請け会社の人の携帯電話番号をあらかじめ聞いておくことが大切なのだそうです。

実際に現場で工事をしてくれているのは職人さんだと思います。現場では無用なトラブルは避けて気持ちよく働いてもらいたいと思います。そのためには工事の始まる前くらいには工事の邪魔になるものは片付けておくとか、工事が始まったら貴重品や壊れやすいものは置いておかないとか、家の鍵を職人に預けないというようなことが大切だそうです。お茶を出したりコミュニケーションを取るのもよいですが、最近ではそういったものを断るところもあるので、確認したほうがよいでしょう。

外壁塗装からリフォームの解決の糸口を考える情報サイトTOPへ