工期の遅れ

リフォームの工事の流れや進捗状況は積極的に聞くべきだそうです。工期が遅れてしまうと、仮住まいの期間が長引いてしまって家賃が多くかかってしまうということもあるかと思います。引越し日が延びてしまうと生活にさまざまな不都合が生じることもあるかと思います。工期というのは必ず書類で取り決めておかないといけないそうです。まずは契約書に着工日と竣工日を明記することが鉄則だそうです。そのうえで、遅れた場合などの違約金の取り決めを行っておかないといけないそうです。

その内容といては、契約約款に明記する必要があるそうです。工事が終わった分と搬入した材料費を引いた額に一定の割合をかけた金額を賠償するというのが、住宅リフォーム推進協議会が作成した契約約款の標準書式にあるそうです。施主が支払いを延ばしたときも同じ条件で違約金が取り決められるそうです。着工後のスケジュールは工程表にすべて記載されるそうです。工事の項目ごとに日程が記載されるそうです。その中でも解体工事はいつからいつまでで、キッチンなどの設備は、という感じで、具体的に工事の日程がわかるようになっているそうです。

いつどのよな工事が行われるかがわかるということは、工事の進捗を確認することもできるそうです。着工前に必ずもらっておくというのが大切だそうです。自分が現場に出かけるという日程もそれをもとに調整しないといけないそうです。現場に出かけて、スケジュールどおりに行われているのか確認するというのと、工事の内容もチェックすることが大切だそうです。特に自分が関心がある工事は見逃さないようにしないといけないそうです。工程表と照らし合わせることが大切だそうです。

外壁塗装からリフォームの解決の糸口を考える情報サイトTOPへ