曖昧な契約に気をつけて

リフォームというのは、当初のプランの通りに進むことは少ないそうです。工事が始まる前にいろいろな変更を重ねることも多いそうです。それらの変更点をきちんと書面に残しておかなれば、トラブルの元になるのだそうです。「直して欲しいと言ったのに」「設備はこっちにして欲しいと言ったのに」と主張をいくらやったとしても、相手が「聞いてない」と言えば、証拠がないのでどうしようもないそうです。

こうしたトラブルを避けるためにあ、打ち合わせ内容をそのつど記録しておくのがよいそうです。住宅リフォーム推進協議会が提案している打合シートが、インターネットからダウンロードして使うことができるそうです。会社によっては、こうした書式を用意している場合もあるそうです。記録した内容は必ずコピーをとって、双方で保管しなければならないそうです。また、契約してから変更する場合もあるそうです。ときには工事が始まってから変更があることもあるそうです。契約をしてからの変更というのは、請負金額も含めて契約内容を変えることになるそうなので、工事内容変更合意書を作成しておくのがいいそうです。

これを作成しないと、後で追加工事の請求額が届いてびっくりするということになるそです。変更箇所をきちんと明記していること、金額の増減を明らかにしておくこと、こららの変更合意書にサインをすることだそうです。とくに工事中の変更とうのは、慌ただしいので金額を聞かないままに進めてしまいがちだそうです。けれど金額を聞かないで工事変更を依頼するのは大問題だそうです。きちんと見積もりをもらって、金額を了承してから依頼しなければならないそうです。お互い納得することが大切だそうです。

外壁塗装からリフォームの解決の糸口を考える情報サイトTOPへ