契約は書類で

契約というのは口頭でも可能だそうです。単なる口約束でも契約として有効なのだそうです。とはいえ、口約束では証拠が残らないと思います。書面に記録を残して、後でトラブルがあったときに証拠書類がないために不都合が生じたりする場合もあるそうです。約束の期日が来ても工事が始まらないとか、やるといったのに、やってくれないとか、後でこれらのことが判明したからといって、証拠がなければクレームもつけられないそうです。

リフォームというのは、単に商品を購入するようなものではないそうです。物に対して代金を払うというのではなくて、これから行われる工事に対しての対価の支払いを決めるものだそうです。設計図や見積書に書かれていることが契約内容のすべてとして残しておくものだそうです。契約を取り交わすというのは、それまでに打ち合わせをしてきて作成した設計図と見積書の内容に承諾することなのだそうです。契約までに、それらの書類にしっかりと目を通しておくことがとても大切だそうです。工事の内容が違っていたらその設計図が証拠書類となるそうです。

そして費用に関して違っていたら見積書が証拠書類となるそうです。契約書の体裁というのは会社によって多少違う場合もあるそうです。請負代金や支払期日など最も重要な事項を記載して、請負会社、施主の双方が署名捺印をするそうです。契約書には契約約款という書類が付属するそうです。工期が延びたときや工事に瑕疵があったらときの取り決めなどといった重要な事項が記載されているということでよく読まなければならないそうです。大規模リフォーム、小規模リフォームと契約書は必ず交わすようにしなければならないそうです。

外壁塗装からリフォームの解決の糸口を考える情報サイトTOPへ