誰かがリフォームを決意するとき パート1

皆さんが、リフォームを必要とする要因は、様々なはずです。建物の老朽化問題もありますし、家族の増減において、二世帯や三世代リフォームや、核家族としてのリフォームや高齢化する家族の為にバリアフリー化のリフォーム、住居の耐震を補足する為の耐震リフォームや、住居の防犯を強化する為のリフォーム、リフォームには、その人なりの理由があるはずなのです。リフォームは、簡単な事ではありません。今後の家族の長期的な生活を見越したリフォームが必要となってきます。ですが、多種多様なリフォームの中でも、突然にその必要性が訪れる事もあります。災害ですとか震災によるリフォームなどが、そのタイプのリフォームになるのではないでしょうか?また、急性による病気やケガ、事故などで負傷を負う事で、身体の不自由さから、自宅の間取りや室内のリフォームなどの必然性も考えられます。個々のライフスタイルによって、様々な様式に変化する住居空間は、皆さんのアイデンティティを語る上でも、住居空間リフォームは個々人の一部を表わすと考えても良いのではないでしょうか?リフォームとは、生活の安全や快適さを求めるものだと考えられていますが、住居空間を、皆さんの一部として考えると、手荒なリフォームは行いたくないですよね。そのような観点からリフォームの必要性を追ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です