誰かがリフォームを決意するとき パート2

住居の廊下に、お爺ちゃん、お婆ちゃんの為に手すりを取り付けるだけでも、バリアフリー化のリフォームなどと言います。このリフォームに関する費用に「補助金制度」などがある事はご存知ですか?国や地方自治体からの補助金または、税制優遇制度などを受ける事が可能な場合がありますので、こういったリフォームに関する優遇制度は、事前に調べておいた方が吉です。お住まいの地域の制度によっては、申請の仕方や、制度自体の仕組みが異なるようですので、リフォームが必要だなと、考え始めた時点で、公の機関に相談してみる事をおすすめ致します。このような制度は、皆さん自身が主体的に尋ねていかないと、国や自治体は、お人よしな人々には、優遇制度の存在をお知らせしてくれない事もあるので、どんどん調べてみましょう。このような優遇制度は、社会情勢などによって、常に変更や改定ななどがありますので、定期的に調べておく事が良いと思われます。時折、リフォームに関する、補助金や優遇制度は、裏技リフォームなどと呼ばれる事もありますが、全くもって裏技リフォームではありません。きちんとした、制度ですので、是非とも皆さんに正しい知識の元、利用して頂きたいと思っています。お爺ちゃんやお婆ちゃんのバリアフリー化の為のリフォームに関しては、介護支援専門員などに、ご相談になる事が一番の近道とは思われますが、実は、介護支援専門員さんの中には、十分な知識を持ち合わせていない方々もいると聞いていますので、ご自身でもきちんとした制度内容を確認された方が無難ケースが在る事も確かな事です。バリアフリー化のリフォームには、「介護保険」や「自治体」の支援を受ける事になると思うのですが、問い合わせの内容などに悩まれる場合は、「高齢者住宅改修費支援制度」「障害者住宅改造費助成制度」などについて、担当窓口を呼び出ししてお問い合わせになってみて下さい。その他にも「省エネ」「耐震」「同居対応」などに関わるリフォームについては、支援、優遇、減税制度などもあるようですので、ご自身のお住まいの地域がどのような対応を行っているのか、知っているのと知らないとでは安心感が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です