誰かがリフォームを決意するとき パート3

実際に、リフォームを終えた人などに、話を伺ってみると、「スッキリした」「快適になった」「気分が良い暮らしになった」など、皆さん、気持ちに変化がみられる事などが多いようです。たしかにそうですよね、暮らしが快適な事は、本当に望ましい生活なのではないかと思われます。ですが、良いリフォームばかりでなく、トラブルに巻き込まれるようなリフォームもある事を、事前に、把握しておく事はもちろん重要な事です。リフォームは高額な商品を購入するようなものですので、是非とも契約書を交わす際には慎重に行う事を忘れないようにしましょう。リフォームは、長い人生において、そう何度も出くわすような機会がある訳ではないはずです、はじめての契約書を交わす人がほとんどですから、そのような立場的な不利を逆手に取って、皆さんを騙すようなリフォーム業者も存在する事は、残念ですが確かな事です。私自身も、何人か、リフォーム関連でトラブルを抱えてしまった知人を知っています。そのようなリフォームのトラブルを抱えてしまった、ほとんどの人々が、最終的には、泣き寝入りを果たさなくてはならない状況になっています。せっかく、安全で快適な暮らしを想い描いてリフォームするのですから、リフォームの悪徳業者にだけは予防線を張るように、契約書は慎重に交わすように心掛けましょう。また、リフォームの工事が始まってから、あれやこれやと、追加のリフォームを提案してくる業者にも要注意が必要です。いざ工事が開始してしまうと、なんだか焦ってしまい業者側の提案されるままに、促されるように乗ってしまい、予定にはなかった箇所の、必要ではないリフォーム工事を契約してしまうような、お人よしな方々もいるようです。リフォームの工事が始まったから一緒に同時進行させましょうなどと、焦らせるように契約書のサインを求めてくるような誘いには乗らない事です。リフォームは、必要があれば、ゆっくりと考えた後に、改めてオーダーをすれば良いのですから、もし、工事の途中などで、追加の工事が必要になったという提案があった時は、きちんと時間をもらってから判断するようにしましょう。良心的な業者さんが、家屋の目には見えない内部的な劣化をみつけて、善意をもって声を掛けてくれる事もありますが、焦る必要はありません、きちんとお時間を頂いて、契約書を交わす前は、冷静な判断を心掛けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です