賃貸住宅でのガーデニング

一軒家であればガーデニングなどを広々楽しむことができますが、賃貸マンションではどうでしょうか。例えベランダがあったとしても、狭いから難しいと考えていることはないでしょうか。もし狭さだけが理由でガーデニングをしていないとしたら、非常にもったいないと言えます。工夫次第で楽しむことはできますので、まずはできるかどうかを考えてみましょう。まず、フラワーラックを活用する方法です。名前の通り、花を置くための棚です。鉢植えを縦に置くことができるため、空間を無駄にせずに花を置くことができます。大きさやデザインもさまざまな種類があるため、ベランダに合わせて選んで見るのも楽しめます。床に置く以外にも、プラントホルダー、プラントハンガー(プラントハンキング)を活用するという方法もあります。プラントホルダーは壁にかけることができて、プラントハンガーは紐で吊るすという方法です。どちらも空中のスペースを活用するために、床にスペースがないという場合も安心です。プラントホルダーは海外でも人気のある方法で、自分で編んでつくったという人もいるそうです。小さな場所しかないという場合には、ペットボトルを鉢植えにするという方法もあります。もちろん育てる植物の種類にもよりますが、小さな場所でも植物は育ってくれるので楽しむことができます。見た目が気になるという場合には好きな布を巻くなどをして、そもそも鉢植えを作るところから趣味にすることができます。それでもどうしてもベランダに育てる場所がないという場合には、人工芝を敷いてみるのもひとつの方法です。本物の植物ではありませんが、緑が増えるだけでも心は休まりますので、試してみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です