賃貸住宅の優先順位

賃貸の部屋を探すときには、まず自分にとって譲れないポイントなどを挙げていくと思います。家賃の安さや間取り、築年数、立地条件など、人によって重要視するポイントは違っているでしょう。重視するポイントとして多く挙げられるのは、やはり「家賃」のようです。あるアンケートによると、80%以上の人が家賃を挙げ、次に間取り、駅からの距離、部屋の広さ、通勤時間を重視していたようです。逆に妥協をしたというポイントには、一位に築年数が挙がっていました。自分の生活では我慢をすることができますが、やはり家賃は仕事との兼ね合いもあるので、どうしても重要視しなければならないポイントになるのかもしれません。「重視はしなかったけれど、後から重要だったと気づいた」というアンケートに関しては、収納、防音性、水回りの設備、セキュリティ、周辺環境、日当たりなどが挙げられていました。どれも実際に生活してみなければ体感ができない部分と言えるでしょう。特に一位に挙げられていた「収納」に関しては、意外にも見落としがちです。物が上手くしまえないということは空間を邪魔していることになりますし、物が多いというだけで散らかった印象を与えてしまいます。家賃はスペースを借りるためのお金とも言えます。そのスペースを上手に使えていないというのは、非常にもったいない状態と言えるでしょう。他にも、特に小さな子供がいるときには、その時点での優先順位が高いものを選びがちですが、時間が経ってから「これを選んでおけば良かった」という後悔も生まれがちです。また引っ越しをするのも手間になってしまうので、今後何が必要になるのかを考えて部屋探しをするべきと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です